ダメージのある毛先でも綺麗なカールを。


普段からで毛先にヘナ補修する事で
傷んだ毛先部分に綺麗なカールがつきやすくなります。
 
前回のパーマによる毛先のダメージ、化学染料による毛先ダメージ、縮毛矯正やデジタルパーマによる ダメージ時にお勧めです。
(来店時、既に毛先が完全に傷んでチリチリになっている場合は補償致しかねます
 
パーマが綺麗にかかるための計画は個人差もあり髪の状態でも変わりますので
まずはご相談ください。毛先のダメージ具合によって毛先ヘナの濃度や時間が変化します。ご了承願います。
 
 
 
 
 
 
 
オーガニックハーブオイルやトリートメントを配合したクリームパーマ剤を使うので
パーマ液が頭皮にしみたりする事が少なく、頭皮が痛くなかったと行っていただく事が多いです。クリーム剤は髪に馴染みやすく毛先まで綺麗に巻き込むことができます。
 
 

 
 
 
  
 
 
髪が細い人やコシのない場合は
 
何度かヘナ染めをしてからパーマをかけると
 
綺麗にかかる人が多いです。
 
これはヘナの成分が髪を補強するからです。
 
パーマというのは髪のタンパク質を利用しますので
 
タンパク質に似たヘナの成分がパーマの固定を助けます。
 
当店ではヘナやハーブカラーをするお客様ほど
 
パーマやストレートパーマが美しくかかります。